ショックだった大河ドラマ「真田丸」の関ケ原の舞台

今年の大河ドラマ「真田丸」を各週ずーっと観ていらっしゃる。
とっても楽しく観させてもらっています。
三谷幸喜のマネジメントと、アイドルくんたちの公演が見事で、
各週放映の間隔がやって来るのを首を長くして楽しみにしていらっしゃる。
豊臣秀吉が亡くなって、石田三成率いる豊臣位置づけと、豊臣の世の中を終わらせて実権を握ろうとする徳川家康との、
最大のゲームです関ケ原のプレイは、戦国世の中を終わらせた戦いとして、邦人なら誰しも知っている大対戦。
こういう大河ドラマも最高潮に当たるこういう対戦をどの様に描くのか、
楽しみにしていた面、たったの一瞬で関ケ原のプレイが終わるという、衝撃的な描かれた方でした。
スペシャルくらいに見逃したのです、こういう世紀のゲームを。
ドラマを見ていて、一時何が起こったのかわからないくらいでした。
まさか目下、関ケ原のプレイが終わったの?
有働アナのナレーションでその実質がわかるという、甚だ衝撃でした。
但し、このことも面白かった。
こういう大河ドラマの力点はそこではないことが明確な描かれ方でした。
そういったステレオタイプではない表現方法な甚だフレッシュで、オリジナル類でした。
見事だったと思いました。借金は解決を提示してくれる場所にいきましょう